知られざる熟女風俗の世界を堪能

写真撮影でオカズを大量ゲットしてきた

何かオカズが欲しいと思って、デリヘルを使いました。正直もうAVのように作られたものは、飽きてきました。リアルを求めている僕にとっては、恋人を作るのが一番。でも、恋人はできそうにない。そこで、僕は風俗を使わせてもらっているのです。デリヘルでは、オカズを手に入れることができます。プレイしたってこと自体がオカズになるのですが、それと同時に写真撮影もできるんですよね。相手の風俗嬢の身体を撮影することができるから、それをオカズに抜くこともできます。実は、こうやって楽しんでいる人も多いんですよね。まぁ、オカズにしていると呼びたくなって、結局は呼ぶことも多くなってしまうのですが・・・。それでもコスパは良いと思います。どうしても風俗嬢に会いたいって時、お金が無かったら会えないですよね。でも、そんな時でも写真があれば思い出せる。そして、お金に余裕がある時は、その子を指名するのです。これが、最近の僕の風俗活用術。

クールなのにデレデレな風俗嬢

クールな風俗嬢が部屋にやってた。ガチャッと扉を開けて部屋に入ってくる彼女。「綺麗な部屋ですね」と興味津々そう。その眼はクールだけどキラキラしていて、ちょっとかわいい。「まずはシャワーに入りましょうか」と照れながら言う彼女。風俗嬢って言っても、彼女は新人の子。落ち着きがあるようで、実は緊張しているんだろう。僕も気を遣って「あまり緊張しなくて大丈夫だからね」と優しくしてみる。ちなみに、デリヘル嬢の彼女は、呼べばすぐに来てくれました。「デリヘルの仕事は前から興味あったの?」と聞くと、「そんなことないです!でも、始める時は抵抗感とかなくて、単純に風俗嬢になるんだなぁって思ったくらいでした!」とのこと。そのままイチャイチャしていると、突然彼女もスイッチが入ったのか、「もう我慢できないです!ベッド・・・行きたい」と言うのです。この瞬間、僕の心臓がドクドクしていました。ベッドに入ってからの彼女は、もうかなりデレデレでした。女の子のスイッチはどこで入るかわからない。